【飲食店 古材を使った内装】 鮎亭 (長野県 松本市)
【左】内観
【中】小上がり
【右】外観(夜景)

◆◆ 楽食浪漫 『鮎亭』 ◆◆
Tel/Fax (0263)47-5529
料理人 内山三省
〒390-0851 長野県松本市島内小宮809-1(ドライブイン彩紋内)
営業時間 11:30〜14:00
       17:00〜21:00
定休日 木曜日
臨時休業あり 要問合
コメント:季節の食材を活かした料理が楽しめます。宴会はお問い合わせ下さい。

**概要**
◇長野県松本市にある飲食店「鮎亭」の内装のみをコンサルタントしました。 ◇ ◇内装で特徴的なのは部分的に古材を使ったことと、アンティークな照明を使ったことです。 ◇古材は新潟の民家のもので、「鉄砲梁(てっぽうばり)」と呼ばれる曲がった梁を使いました。内装の木部全てが古材というわけではありませんが、テーブルの天板も古材を転用しています。 ◇ ◇アンティークなシャンデリア照明は、ガラスのみリサイクルショップで購入し、吊り下げの金具は特注で作ったものです。(飯野工房) ◇存在感のある照明器具になりました。 ◇ ◇また薪ストーブもあるのでその雰囲気も楽しめます。(ウッドストーブ彩紋) ◇ ◇今回、内装の設計・デザインをさせて頂いたものの、お施主さんや棟梁の協力あってのものでした。いろんな要素が楽しめる空間になったと思います。 ◇ ◇建物・外構に関しては、設計していませんが、いろんな樹木の植栽があります。庭木に関心のあるかたも楽しめます。 ◇ ◇飲食店の方は、松本浅間温泉の老舗旅館で板長を務めていた内山三省さんがこの度「鮎亭(あゆてい)」をオープンしました。 ◇自慢は「うな重御膳」だそうです。