【 平成17年度 「海野宿」茂木宅 保存修理工事 】 基礎工事(2)
@【左】石場建て部分の基礎ベースコンクリート打設

A【右】基礎鉄筋の配金をしている施主でもあり建築士である夫の様子です。

建物の外周には土台があったようですが、内部は石場建て(いしばたて:民家において礎石の上に直接柱を立てる工法)です。
今回の保存修理では、この石場建てを布基礎にする予定でしたが、現状の礎石の中にはかなり大きな石もあったり、更に礎石の下の地中にも大きな石があったため、撤去することは難しく残すことにしました。

礎石をそのまま保存することは望ましくないので、まず礎石と地盤を補強する目的で、礎石廻りをコンクリートで固めました。

【工事種目】
◇基礎工事(2)
【工事内容】
◇石場建て部分の基礎の施工
【日付・写真】
◇2005.11.05 ◇石場建て部分の基礎ベース配金の様子
【詳細】
◇@石場建て部分の基礎ベースコンクリート打設 ◇A基礎鉄筋の配金をしている施主兼建築士である夫の様子