【 平成17年度 「海野宿」茂木宅 保存修理工事 】 解体工事(2)
@【左】正面外壁の現状です。写真からも判るように、建物の自重によって下部がふくらんでいます。崩壊寸前!
A【中】解体途中です。
B【右】壁を撤去して裏から現れた昔の大戸です。

この大戸は復元して利用するには計画上不都合があるし、あまり状態が良くないので大戸としては再利用はしませんが、文化庁から「保存」するように指導されているので、新設する大戸を引き込む戸袋の壁に「展示」の意味も含め転用する予定です。

【大戸(おおど)】 元来は半間幅より広い戸を称したものであるが、特に民家の表に用いられるものをいう。引戸・捲(まく)り上げ戸・開き戸など各種形式があり、大戸の中に更に潜り戸を装置しているものもある。
(『建築大辞典』より)



【工事種目】
◇解体工事(2)
【工事内容】
◇外壁撤去
【日付・写真】
◇2005.11.12 ◇外壁(西面)撤去の様子
【詳細】
◇@正面外壁(南面)の現状 ◇A正面外壁(南面)の撤去の様子 ◇B正面外壁裏から現れた「大戸」